2005年09月23日

Panasonic (Centrino P-M 753, 256MB, 10.4"TFT, 無線LAN, XP Pro) [CF-R3FW1AXR]についてのブログです。



Panasonic (Centrino P-M 753, 256MB, 10.4"TFT, 無線LAN, XP Pro) [CF-R3FW1AXR]

参考価格:
価格:
ユーズド価格:
人気RANK:5,941
リリース:2005/02/25
カテゴリ:Electronics
※注意:商品価格には変動があります。


商品について
ホワイトシルバー基調のニューデザイン
   天板は従来のシルバーからパールホワイトに変更。ホイールパッドの周囲に一体形成のシルバーリングを配置し、左右ボタンを兼ねるという、新デザインを採用。街をオシャレに持ち歩ける。

10.4型XGA液晶
   B5サイズよりコンパクトながら、10.4型XGA液晶画面(1024×768ドット)を搭載。デスクトップ機で作成したデータを、モバイルPCで表示する場合でも、そのままのイメージで見ることができる。
   また、液晶ガラスを薄型化し、軽量化と輝度の確保を実現している。

キーピッチ17mm(横)×14.3mm(縦)※の レーザー印刷 キーボード
   タッチタイピングが可能なキーピッチ17mm(横)、キーストローク2mmの新デザインのキーボードを装備。 また、カーソルキーの周囲に空きを設けたので、プレゼンテーションソフトを進める時などにも便利。URLを入力する際よく使う「/」「:」などは、! 打ちやすいサイズを確保した。 ※一部キーを除く。
   キートップの文字はレーザーによってキーの表面を炭化させて印刷するレーザー印刷を採用。通常の印刷より耐久性が高くなっている。

「Fn」キーと「Ctrl」キーの入れ替えが可能
   キーボードの左下に配置された「Fn」キーと「Ctrl」キー。従来、キーボードユーティリティなどでは「Fn」キーのキーアサインを変更することができないだったが、本機ではBIOSメニューにて変更可能に。お好みに合わせて「Fn」キーと「Ctrl」キーを入れ替えることができる。 (工場出荷時は、キー左から「Fn」「Ctrl」の順に配置。キートップの変更はできません)

横スクロールにも対応した円形ホイールパッド
   ふちをクルクルなぞっての上下スクロールは、縦に長いサイトの閲覧に便利と好評の円形パッド。さらに、新たに横スクロールにも対応。パッドの下部(赤い領域)から回転を始めた場合に、横スクロールするように設定できるので、エクセルの表のチェックが、より便利になった。
   ※従来モデルとの互換性を! 確保するため、出荷時は横スクロール機能はOFFになっています。
静かなファンレス設計
   ファンを使わずにCPUの発熱をボディに誘導する新技術を採用。高性能CPUを採用しながらも、ファンレスを実現している。一般的なファン付きモデルにつきものの突然のファン音の発生がなく、静かに使えるので、会議中や図書館などでの使用感も快適。ユーザーから高く評価されている、レッツノートならではの特長。

USB2.0×2搭載
   DVD-ROMドライブでDVD版の映画ソフトを楽しむ※など、最大480Mbps(理論値)の転送速度を活かし、様々な周辺機器・AV機器と高速なデータ転送ができる。
   ※別途再生ソフトが必要。

インテル(R) CentrinoTMモバイル・テクノロジ採用
 「インテル(R) Pentium(R) M プロセッサ」、「統合型インテル(R) PRO/Wirelessネットワーク・コネクション」、「インテル(R) 855チップセット・ファミリ」の3つのコンポーネントが互いに連動して動作。モバイル環境でも、高性能と低消費電力を両立した。

インテル(R) Pentium(R) M プロセッサ 超低電圧★版 753搭載
   CPUにはイƒ! 塔eル(R) Pentium(R) M プロセッサ超低電圧★版 753(2次キャッシュメモリー 2 Mバイト、動作周波数 1.20GHz、フロントサイド・バス 400 MHz)を搭載。パナソニック独自のチューンアップにより、パワーアップしながら、従来同様の駆動時間を確保し、高性能と長時間を実現している。
   ★既存のインテル低電圧版に比べて、さらに電圧レベルを低下

2.5型HDD・40Gバイト※
   軽量化のための安易な妥協をせず、モバイル機でありながら2.5型ハードディスクを採用。3.3Vで駆動させることで、高性能の維持と省電力化を両立している。
   ※ ハードディスク容量は1Gバイト=1,000,000,000バイト。OSまたは一部のアプリケーションソフトでは、これよりも小さな数値でGB表示される場合があります。

メモリー256Mバイト(最大768Mバイト)
   メモリーは256Mバイトを標準搭載。オプションの172ピンマイクロDIMM (512Mバイト・PC2100/DDR SDRAM)を搭載すれば、最大768Mバイトまで拡張が可能。

SDメモリーカードスロット
  • 映像・音楽を�! 闌yに楽しめるSDネットワーク
       SDメモリーカ! ード採用 のデジタルカメラなど、AV機器とのデータ交換がスムーズ。データ転送速度:2MB/s。
  • 著作権保護機能に対応
       SDメモリーカードの著作権保護機能に対応しているので、音楽ソフトのダウンロードなど、今後増えることが予想される、著作権で保護されたコンテンツの利用も可能。
  • モバイルに便利なSDセキュリティ
       モバイル中、パソコンからちょっと離れたりするとき、他人に操作されたり、個人情報を見られたりしないようにセキュリティを強化。SDメモリーカードの抜き差しにより、2種類のセキュリティを利用できる。
2種類のセキュリティが可能
  • SDメモリーカードを入れると起動する起動制御(BIOSロック)
       カード挿入かパスワード入力がないとWindowsが起動しないため、不正規ユーザーによる機材の使用が防げる。
  • 利用者ごとにアクセス範囲を制御できるWindowsログオン制御
       カードにユーザーIDやパスワードを記憶し、利用者ごとにアプリケーションやアクセスできる範囲を制限可能。多人数で一台のマシンを使う場合などに•! ヨ利。
Microsoft(R) Windows(R) XP Professional Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載
   セキュリティをさらに強化したService Pack2をインストール済み。アプリケーション等のインストールや設定の変更によるトラブルが起きても、システム変更前の状態に戻すことができる「システム復元機能」や、不正アクセスを防ぐ「ファイアウォール」など、安定した環境と高いセキュリティシステムを搭載。さらにProfessionalだから、ドメインを使ったネットワークへも参加でき、また、外出先からデータ共有ができる「リモートデスクトップ」など、ネットワーク機能も充実し、モバイルシーンを強力にサポートする。

モバイルシーンで特に活躍するネットワーク機能
  • リモートデスクトップ
       外出先でも、インターネット経由で会社のMicrosoft(R) Windows(R) XP Professional PCを遠隔操作できる。外出先でも普段利用している環境が使えるので、作業効率が向上する。
  • オフラインファイルとオフラインフォルダ
       外出先でも、設定ひとつでインターネット上‚! ノある共有フォルダをオフラインで使用可能に。あたかもネットワーƒ! Nに接続‚ オているかのように、共有フォルダにアクセスできる。


Panasonic (Centrino P-M 753, 256MB, 10.4"TFT, 無線LAN, XP Pro) [CF-R3FW1AXR]を買った人の感想

これぞ待ち望んでいた一品
評価★★★★★
私にとって電池9時間稼働で1キログラムを下回るコンパクトなノートブックは、待ち望んでいた。この前のモデルのものだったが、即購入。ファンレスで静かだし、丸いパッドもくるくる回せばスクロールしてくれるし、あとは自分で目盛りを増やしさえすれば、いつでもどこでも気軽に持ち運べて、AIRHでどこでもインターネット。非常にできがよい製品です。後悔まったくありません。

待望の新モデル
評価★★★★★
私はこのモデルのひとつ前のR3を使っていますが、今のR3はとても最高です。
キーボードが?????刻印になっており?ハードユーズにはとてもいい性能です。
又、CPUの性能がアップしていてとてもよかったです。


あまぞん商品ページ


posted by totapres217 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ファイアーウォール
Excerpt: ファイアーウォールファイアウォール(防火壁)とは、ある特定のコンピュータ・ネットワーク|コンピュータネットワークとその外部との通信を制御し、内部のコンピュータネットワークの安全を維持することを目的とし..
Weblog: セキュリティ技術・知識図鑑
Tracked: 2005-10-11 05:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。