2005年09月22日

CASIO EXーZ750 デジタルカメラ「EXILIM」についてのブログです。



CASIO EXーZ750 デジタルカメラ「EXILIM」

参考価格:
価格:¥ 46,900
ユーズド価格:¥41,300
人気RANK:181
リリース:2005/03/25
カテゴリ:Electronics
※注意:商品価格には変動があります。


商品について
720万画素を活かした多彩な写真撮影機能
  • 有効画素数720万画素CCDと光学3倍ズームレンズにより高精細な写真撮影が可能。
  • スーパーライフバッテリーによりCIPA規格の電池寿命測定法では約325枚の撮影が可能。
  • 暗い場所でもフォーカスを合わせやすいAF補助光を装備。
  • 電源を入れてから撮影可能になるまで約0.9秒の高速起動。
  • シャッターを押してから瞬時に画像を取り込む約0.007秒のレリーズタイムラグ。
  • 撮影画像を約0.1秒間隔で見られる高速再生。
  • 約0.9秒間隔の連写機能。
  • 撮る楽しみを感じられるマニュアル露出の撮影モードを装備。
  • 一画面で各種マニュアル設定を素早く操作できる「EXボタン」。
  • 1回のシャッターで、画角の違う2枚の写真が同時に記録される「ズーム連写」。
  • 撮影時に液晶モニターでパステル、イラスト、クロスフィルターの3種類の画像加工を行い、芸術的な画像を作成できる「アートショット」。
  • ! 履歴書や運転免許書などの証明写真用に、縦横の大きさが異なる5種類の写真を1枚の画像として自動レイアウトし記録する証明写真撮影。
  • サンプルの中からシーンを選ぶだけで思い通りに撮影できる「ベストショット」。
ハイクオリティーな動画撮影
  • MPEG-4方式、VGAサイズ(640×480pixels)、30frames/秒の高品位なムービー撮影が可能。
  • サンプルの中からシーンを選ぶだけで思い通りに撮影できる「ムービーベストショット」。
  • ムービーで約2時間50分の電池寿命を実現(連続撮影時)。
  • シャッターを押す5秒前からムービーが撮影できる「パストムービー」。
  • シャッターを押す瞬間の前後合わせて8秒までムービーが撮影できる「ショートムービー」。
  • 撮影したムービーの9コマあるいは1コマを静止画に変換できる「モーションプリント」。
  • 動画を再生した状態のまま拡大表示が可能なムービー再生ズーム。
  • 再生ズーム時に拡大表示の位置の移動が可能。
  • ムービーの不要なシーンをカットする3種類(前中後)の「ムービーカット」。
その他の特長!
  • 光学ファインダー付きの大画面2.5型TFTカラー液! 晶を搭載 。
  • 高速転送を実現するHigh-speedUSB2.0に対応。
  • 撮影した静止画や動画をクレードル経由でテレビにつなげて楽しむことが可能。
  • 2段階の明るさ切替が可能な液晶設定。
  • パソコンに画像を自動転送できるPCソフト「PhotoLoader」を付属。
  • 動画再生ソフト「Windows Media Player9」と動画編集ソフト「UleadVideoStudioおまかせモードSEVCD」を付属。
  • メニュー表示は日本語/英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/中国語など10言語に対応。
  • 直接プリンターとつなげる「PictBridge」、「USBDIRECT-PRINT」規格対応。
  • 「ExifPrint(Exif2.2)」および「PRINTImageMatchingIII」に対応。


CASIO EXーZ750 デジタルカメラ「EXILIM」を買った人の感想

より使いやすくなった
評価★★★★★
EX-Z3からこの機種への買い替えです。
基本的な操作はおおよそ同じなので、安心して買い換えることができました。
全機種より良くなった点は
・720万画素、液晶2.5型(EX-Z3は320万画素、液晶2.0型)
・静止画連続再生時間約6時間50分のロングバッテリー(EX-Z3はわずか2時間)
・オートマクロ機能(近くに被写体を見つけると自動でマクロ機能に切り替わる)、これは便利。
・ズームイン・アウトのレバーが、シャッターを押す人差し指で簡単に操作できるように、
 シャッター回りに設置された。(にぎりを変える必要がない)
・パソコンと本体をつなぐクレードルにAV出力が追加(パソコンのみでなく、テレビにも接続が可)
・静止画やムービーなどを瞬時に切り替えるモードダイヤル(液晶を見ながら操作しなくてよい)
・ベストショット機能が21種類! から30種類へ(水の流れを滑らかにしたり、逆に流れを止めるモード、クロスフィルターモード、証明写真モードなどが追加されました。)
・MPEG4準拠、高画質ムービー
悪くなった点は、
・画素数が増えたのに、なぜか内臓メモリーが10メガから、なぜか8.3メガに削減。
(ただ画素数を考えると、増設メモリーは必須。512M以上のSDカードは購入したいので、そうした出費を考えることもお忘れなく。)

本体のサイズは、ほとんど変わらないので、Z3純正ケースを流用できました。

すばらしいに尽きる。
評価★★★★★
 3年前のデジカメを使っていましたが、シャッターに対する反応が遅く、イライラがつのる毎日でした。バッテリーも1時間と持ちません。
 700万画素、電池が長持ち、動画もきれい。これはすごいと思い、購入を決意しました。
 使ってみてずばり、超おすすめですね。バッテリーは2泊3日の旅行なら十分持ちますし、動画もデジタルビデオ並みにきれいです。もし動画でハードに使われるなら、1GBのメモリーをおすすめします! B高画質モードで約30分撮影できます。
 


静止画 も動画も遊べるデジカメ。しかし惜しい!
評価★★★★☆
いままでカシオのQV-R61にて静止画を、サンヨーのMZ3で動画を撮っていましたがさすがに荷物になってきたので思い切ってこのカメラにまとめてみました。もともとカシオを使っていたので600万画素から700万画素に増えてさらにキレのよい画像が撮れてとっても満足です。動画はサンヨー時代は1分100メガという恐ろしいデータ消費だったので、このZ750のMPEG4形式は大変助かります。若干キザっとすることがありますが、もはやビデオカメラです。
残念なのが、動画中の音!パソでもテレビでも一度気になりだすともう耳について離れない キーーーーーーーィ という超高音が★ひとつ減点の理由です。うわさには聞いていて覚悟して買いましたが、頭のてっぺんを突くようなキーーィは慣れるまで時間がかかりそうです。



あまぞん商品ページ



posted by totapres217 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。